calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

リンク

search this site.

categories

archives

米政府から国際的な麻薬取引中心人物と指定されたジャマイカ人

2004年にブッシュ政権によって国際的な麻薬取引の中心人物に指定された10人にジャマイカンが2人入っている。usinfo.state.gov
URLhttp://usinfo.state.gov/xarchives/display.html?p=washfile-english&y=2004&m=June&x=20040601170600CMretroP0
.649029&t=xarchives/xarchitem.html

Norris Nembhard
Leebert Ramcharan

後は、メキシコ5人、ペルー1人、インド1人、アフガニスタン1人。
 2000年にも米政府は同様のリストを発表しているけれど、ジャマイカンはいなかった。CNN

Norris Nembhardは現在ジャマイカで受刑中だけど、米国から引渡しを要求されている。米国に送管されたら公正な裁判は受けられないとして送管棄却を求めての裁判が2/12から始まったらしい。Gleaner

英国政府によって麻薬取引重要人物だとされている43歳ビジネスマン、Donovan Fraserも、2/1からHalf-Way-Tree Criminal Courtで裁判中。コロンビアから英国に100キロのコカインを密輸した罪。
ジャークソースや粒こしょう、ゼリーなどに混ぜていたらしい。RJR 2007/2/1

Leebert Ramcharanは2004年3月に逮捕されている。STAR
次のサイトには、経営するモンティゴベイのナイトクラブとかが出ている。
http://www.ustreas.gov/press/releases/reports/
ramchaantierchart.pdf

Kenneth ”Supreme” McGriffもジャマイカ人の麻薬王。アメリカで裁判中。検察側は死刑を要求。Queens Chronicle 2007/2/8

ということで悲しいですが、ジャマイカは麻薬取引でも国際的に有名です。
ジャマイカニュース/ジャマイカ人の有名人
ジャマイカニュース/カテゴリー マリファナ

マリファナ 大量押収続く

1/30に圧縮ガンジャ15000ポンド末端価格20億JD(40億円)が押収されています。過去10年で最大。
3台のトヨタハイエースの中で見つかっている3人逮捕時にいたらしいけど逃走。いまだに捕まっていない。キングストン、Mountain View Avenue 付近。Observer

その前の週も6000ポンド。8人逮捕。キングストン、コーポレイトエリア。

2/11は5000ポンド。クラレンドンMitchell Town。タクシー運転手が逮捕されてます。一緒にボートも見つかっていて、ハイチと銃の交換目的だと推測されている。こっちは800万Jと書いてある。Observer

ジャマイカニュース/ハイチでは、ジャマイカのマリファナ5ポンドでAK47が3丁買えるらしい
今もこうなら、5千ポンドで3000丁?ほんとかな〜。インフレだしね。(^^?)

この他にも押収されているので、今年に入って27000ポンド。お金72億円の計算。!?
ジャマイカニュース/2007/1/12 ジャマイカ警察 マリファナ押収成果

1月末にはイギリス人がガンジャをベストの隠しポケットに入れて国外に持ち出そうとして捕まっている。禁固3ヶ月と48,800JD(97,600円)の罰金。重さは書いてなかった。量が多いほど刑が重くなる。Observer

最近、逮捕された日本人の話は見かけないかも。わかんないけどね(^^?)
ジャマイカニュース/カテゴリー 日本人逮捕
逮捕された日本人女性の体験談もあります。

2006年はドラッグ関連逮捕者6220人。うち外国人318人。うち日本人8人。逮捕された日本人の一覧はジャマイカログ/マリファナ

ジャマイカニュース/カテゴリー マリファナ
ジャマイカニュース/カテゴリー 犯罪
ジャマイカニュース/カテゴリー 警察

今度は 7650ポンドのマリファナ キングストンで押収

一昨日の記事イーストキングストンで市場価値3500万JD ガンジャ2.7トン押収 はジャマイカ時間9/26。

Observer 2006/9/30 Record 7,650 lb ganja haul
今度は3日後、9/29。3470kg。キングストン、ベイ・ファーム・ロードBay Farm Roadtough communityとあるから危険地帯なのかな?

市場価格3,060万J(2倍の計算で約6,120万円)アメリカなら2,295万米ドル。1ドル115円で計算して26億4千万円

今週の押収ガンジャは、ハイチで銃と交換予定drug-for-guns tradeだったと推測されている。

悪名高きガンジャ教区notorious ganja parishesでの監視の結果。

ジャマイカニュース
2006/1/23 ハイチでは、ジャマイカのマリファナ5ポンドでAK47が3丁買えるらしい
2005/12/18 ジャマイカで犯罪に使われるのはAK47とM16

なんでこんなに銃が欲しいのかな?やっぱしギャング抗争?転売で儲けるのかな?

ガンジャ栽培はそんなにお金かからないだろうし美味しい話。

この地区の住民は違法ドラッグ取引には気付かなかったと語っているけれど、ギャングは住民に密告されても困るので、自身の保身のためにもコミュニティに何かと貢献する。

特に貧しい地区では、政府よりもギャングのほうが有難がられたりする。でもギャング抗争のおかげで住民は被害に遭ってるわけで複雑な構図。

で、また貧しい住民を助けといて、密輸に加担させたりする。

貧しい国、北朝鮮もそうだけど、貧しい国にとっては麻薬は重要な資金だったりする。小額投資で儲けが大きい。

ジャマイカにも、早く麻薬で儲けなくてもいいようになってほしいものです。

イーストキングストンで市場価値3500万JD ガンジャ2.7トン押収

The Gleaner 2006/9/28写真あり。
5890ポンド。2671kg!? 圧縮ガンジャcompressed ganja
 1ポンド=0.453592g
圧縮機2台、ハシシ1ポンド、ボートエンジン1台も。

1996年クラレンドンで2万ポンド(9トン!?)以来の最大の押収量。126箱なので一箱ほぼ20kg+。

今年は8月末までに41,643.86ポンド=18,889kg≒18トン押収seized
去年は31,741.60ポンド=14,397kg≒14トン。

今年は車58台押収。去年は56台。

今年は8月末までに乾燥ガンジャcured ganja 20,880.20ポンド破壊destroyed
去年は7031.20ポンド破壊。
  破壊って焼却かな〜?押収の一部?(^^?)

今年は282ヘクタールの成木ガンジャフィールドを破壊。

ジャマイカ警察 >King Fish > Statistics
で、キングフィッシュ開始以来の成果。

jamaicasunrise.comには、右下に円の為替レートが出ている。

いつもは1J=2円の計算だけど、1円=0.56565Jで計算すると1g約5円になる。
 3500万J÷0.56565/5890ポンド×0.453592

wwTRAVELW A La Carte には、ポンドやマイルの換算式が出てます。打ち込めば計算してくれます。

Yahoo!ファイナンス - 外国為替レート表 では為替計算ができます。過去1ヶ月とか10年の為替レートグラフもあります。

ジャマイカニュース
2006/8/17 末端価格4億円、3000ポンドのマリファナ押収
2006/8/7 ウェストモアランドでガンジャフィールド発見 乾燥ガンジャ1,818kg押収 最近のドラッグ関連ニュース
2006/7/5 ジャマイカと英国の協力で麻薬運び屋の数 激減 麻薬検出機械イオン・マシン
2005/12/20 イギリスのジャマイカン 麻薬密輸で実刑判決 ミスジャマイカ3位も加担

麻薬密輸ルート カリブから南米・西アフリカへシフト

BBC 2006/9/20 Drug traffickers seek other routes
ジャマイカを含めカリブ海では、麻薬密輸に対する取締りがどんどん厳しくなっています。

で、密輸組織はルートを変えて対抗しているとブラジルで開催されたインターポール コンベンションで報告されたようです。

ドラッグ生産国はコロンビア、ペルー、ボリビア。
新ルートはチリ、ブラジル、アルゼンチン。西アフリカの国名は出ていなかった。

コカインは南米から西アフリカ、ヨーロッパやアジアへ渡ったり、そのままルート途中で国内消費される量が過去5年で急増。

何千ものギャングが麻薬密輸に関わっているけれど、最近は密輸組織が様々な地域をカバーするために連携し、世界密輸連合a global drug trafficking allianceとでもいうべき状況まで発展している。

RJR 2006/9/19
Jamaica back on US drugs watch list
ジャマイカは南米から北米やヨーロッパへのドラッグ主要ルートですが、マリファナ生産国でもあるので、米国で毎年発表されるドラッグ中継国・生産国のリストに今年も入っていると報告されています。

英国へのドラッグルートがBBCに出ていますが、コカインもマリファナもジャマイカが載っています。
Flow of drugs to UKこれはコカイン。Cannabisにチェックを入れると大麻ルートです。

ジャマイカニュース/カテゴリー 麻薬
 国際密輸組織に関わっているジャマイカンの逮捕者、オペレーション・キングフィッシュ成果などなど...

リンク追加 成田税関支所 密輸情報

成田税関支所 >報道発表 ザ・密輸
に成田での密輸情報が出ています。
おみやげを買ったり送ったりするときの注意点なんかも出てます。

ジャマイカログ/ジャマイカリンクジャマイカログ/マリファナ
に追加させて頂きました。m(_ _)m

国際ドラッグ密輸組織主要メンバー ジャマイカン2人逮捕

The Gleaner 2006/8/17
Kingfish strikes - Luxury vehicles seized in counter-narcotics operation

Observer 2006/8/17 Major drug ring cracked
月曜と火曜のマリファナ押収に引き続き、オペレーション・キングフィッシュOperation Kingfish の活躍です。拍手
米国、パナマ、メキシコ、コロンビアと協力して、同時に行われた逮捕劇。

78歳のビジネスマンJeffery Lewisと息子Garth Lewisの2人が逮捕され、ベンツやジャガー、ホンダなどを含む4千万J(8千万円)相当の11台の高級車も押収。2人は密輸組織の主要メンバーと見られている。

キングストン、コーポレートエリアCorporate AreaとマンチェスターManchester
パスポートやコンピューター、財務書類、外国通貨なども押収され、また組密輸組織の解明が期待されている。

ジャマイカはマリファナで有名ですが、南米から北米やヨーロッパに向かう麻薬密輸の主要中継ルートにもなっています。
 BBC Flow of drugs to UK Cannabisは大麻。

昨日お伝えしたニュースでもコカインの押収量が断トツなのはこのためです。
ドラッグはギャングの主要資金源になっていて、ジャマイカのマリファナはギャングの銃の購入資金にもなっています。

ギャング抗争でたくさんの人が亡くなっています。ジャマイカでガンジャを買ってもギャングの手助けになるだけかな。

 ジャマイカニュース/2006/1/23 ハイチでは、ジャマイカのマリファナ5ポンドでAK47が3丁買えるらしい
ジャマイカニュース/2005/12/18 ジャマイカで犯罪に使われるのはAK47とM16

末端価格4億円、3000ポンドのマリファナ押収 

The Gleaner 2006/8/16
Mega ganja bust - Drug find linked to Haiti - Bahamian nabbed in raids
ジャマイカの組織犯罪対策 オペレーション・キングフィッシュの活動成果。拍手
2日間で末端価格にして2億500万J(4億1千万円)、1,329kgのガンジャが押収されています。!?

ファルマス、オールドハーバー、コックピットセント・キャサリンSt. CatherineとクラレンドンClarendon、トレローニーTrelawny。バハマ人1人を含む5人を逮捕。

セント・キャサリンSt. Catherine、オールドハーバーベイOld Harbour Bayの漁村で、マングローブの林の中に隠された燃料を積んだ12mのボートとトラックを押収。

ハイチ向け、1868ポンド(約850kg)の乾燥マリファナ。密輸組織に対する2年間の捜査の結果。

クラレンドンClarendon、コックピットCockpitでは、古いビルから1062ポンド(約481kg)の大麻を押収。1人逮捕。

トレローニーTrelawny、ファルマスFalmouthではボートが押収されている。

Observerによると、
ジャマイカ警察Jamaica Constabulary Force、ジャマイカ国防軍Jamaica Defence Force 、ジャマイカ国防軍沿岸警備隊the Jamaica Defence Force Coast Guard、犯罪対策特別班Special Anti Crime Task Force、麻薬課Narcotics Divisionなどが捜査に参加しています。

オペレーション・キングフィッシュOperation Kingfish
2004年10月に立ち上げられた麻薬・組織犯罪対策専門チーム。警察や国防軍、イギリスやアメリカの協力も得ている。英国や米国から捜査官を招いている。

ジャマイカ警察Jamaica Constabulary ForceKingfishStatisticsに、立ち上げ以来の成果が出ています。
コカインはなんと13トン!?、乾燥ガンジャ9,115ポンド(約4トン)が押収されています。
ジャマイカニュース/kingfish 検索結果

1ポンド=453.592グラム
 2億500万J÷1,329,000g=154J/g
 1グラム154J(約300円)の計算。
モンティゴベイからネグリルまでを車で走ると果物やタバコを売っている小さな店がいっぱいある。
たいていの店ではガンジャ2−3gを200J位で売ってるらしい。

マリファナ目的でジャマイカに行かれる方もあると思います。
個人的には反対ですが、警察の検問もあるし、いっぺんに沢山買うと捕まったときに大変です。

ジャマイカニュース/カテゴリー 日本人逮捕
ジャマイカログ/マリファナに、一覧を載せていますが、56gの所持でも禁固刑がついてきます。+の罰金を払えば大丈夫のようですが... 強制送還になるかも...

イオンスキャンなどの機械で密輸はとても難しくなっています。密輸になるとさらに刑が重くなります。
 ジャマイカニュース/2006/7/5 ジャマイカと英国の協力で麻薬運び屋の数 激減 麻薬検出機械イオン・マシン

麻薬を飲み込んで死亡した例もあります。
 ジャマイカニュース/2006/1/22 ジャマイカから英国への郵便物は全てスキャン中

ジャマイカの刑務所を経験されたいなら別ですが、人生を棒に振るかもしれません。お気をつけ下さいませ。m(_ _)m
   
  downカテゴリー 麻薬

ウェストモアランドでガンジャフィールド発見 乾燥ガンジャ1,818kg押収 最近のドラッグ関連ニュース

The Gleaner 2006/7/31
Ganja haul - Westmoreland bust yields seven-acre field, 1,818kg compressed marijuana
URLhttp://www.jamaica-gleaner.com/gleaner/20060731/lead/lead1.html
ウェストモアランド、ダーリストンDarlistonで発見。(どこかわからない。ネグリルのある教区)車でも行けないような所。日常の作戦routine operationで発見。空からでも探してたのかな?(^。^?)

4人が逃げたとある。ここ数年で最大の発見量。乾燥ガンジャはその場で焼却。7エーカーのガンジャ畑も破壊予定。
 1エーカー=4,046.86平方メートル=1,224坪
 7エーカー=約28,328平方メートル=8,568坪

第1四半期で128回の作戦で、1憶400万J(2億800万円)の違法ドラッグを押収または破壊。

去年1年で14,428.11kgのガンジャを押収。
今年は第1四半期で8,892.06kg。
ジャマイカは、アメリカへのコカイン密輸主要中継地。カリブで最大のマリファナ生産輸出国とされる。


最近のドラッグ関連ニュース
http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26890
8/5記事。20歳女子大学生がコカインの密輸を図り逮捕されている。

男性とともに肉の香辛料と偽ったパッケージを自宅に持ち帰り、翌日ロンドンに発つ親戚にロンドンにいる友人に渡してくれるように頼んだ。
ところが、親戚は間違って別のパッケージを持って帰ってしまい、残っていたパッケージを家族が肉料理に使ったところ口唇の痺れを訴え警察に通報。(^^;)

捜査の結果、パッケージは純度100%のコカインと判明。警察はこの男性を探している。

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26826
8/3記事。42歳看守が刑務所にガンジャやラムを持って入ろうとして同僚に見つかり、12ヶ月の禁固刑。(x_x)

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26800
8/2記事。麻薬課の5ヶ月の捜査の末22歳トラック運転手が3月に捕まっていたけれど、無罪を主張。100万J(200万円)の保釈金が課された。ロンドン行きのコンテナの隠し部分で、2千kgの乾燥ガンジャが見つかっている。(*−゛−)

 この記事で出てくる名前を検索したら、2003年に19歳の同名の受刑者が刑務所から脱走していた。殺人と強盗罪。同じかな〜?(;^^?)

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26799
8/2記事。54歳女性が、6月に1ポンドのガンジャを持ってキュラソー島行きの飛行機に乗り込もうとして、2人の男性とともに逮捕されている。200個のペレットpelletを所持。

どうもこの女性はジャマイカ全国で暗躍する密輸グループの上級メンバーらしいことがわかって、保釈要求が却下された。(−”−;)
 1ポンド=453.592g
pelletについてはジャマイカニュース/2006/4/6pellet マリファナ飲み込み用のペレット写真

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26659
7/27記事。2件の殺人罪で終身刑服役中のDonald "Zeeks" Phippsは、家宅捜索で発見された違法銃器所持、不法薬物、1kgガンジャ所持の罪で起訴されているけれど裁判は9月まで延期。

6百万J(1200万円)と43,000米ドルも発見されたけれど、お金は返却されている。(−。−*)
Zeeksについては
ジャマイカニュース/2006/7/3 米国で指名手配中のジャマイカン密輸ギャング マイアミで逮捕

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26581
7/25記事。7/23にスパニッシュタウンで、通常の道路検問で20kgのガンジャが29歳警察官が乗っていたトヨタカローラから発見されていた。
においでわかったらしい。150万J(300万円)の保釈金を払って釈放された。9/1に裁判。(;^。^A

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26863
8/4記事。2003年9月に、ロンドンで7才のジャマイカの女の子と当初は父親とされた41歳男性Bertram Byfieldが銃で殺されて大きなニュースになっていたけれど、犯人に40年の刑が宣告された。
http://news.scotsman.com/topics.cfm?tid=1008
 殺された男性はドラッグディーラーで、ジャマイカとイギリス間の密輸に絡んでいた。何度か殺されかけている。

犯人の男性Joel Smithはドラッグディーラーを強盗することで生計を立てていたらしい。女の子Toni-Ann Byfieldは犯人を目撃したために逃げようとしたところを背後から撃たれて殺されたとされる。被害者が7歳ということで英国でもかなりのニュースだった。(ノ_・。)

あまりのひどさに、犯罪世界でもその慣例を破り2年後に友人が犯人を密告したらしい。ま、情報提供者への報奨金25,000ポンド(220円で計算して550万円)もあったけど。犯人は女の子を殺したと自慢していたとされる。

福祉関連機関でも女の子のことは何ヶ月も知られていたけれど、この事件が起きてかなり批判を浴びていた。

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=0&story=26790
8/2記事。38歳タクシー運転手が詐欺で先月捕まっていたけれど、コカイン売買の罪で米国でも指名手配されていたことがわかった。
1990年と2001年、フロリダ、ジョージア、バージニアからのコカイン密輸に絡んでいたとされる。(−。− )

http://www.jamaicaobserver.com/news/html/20060626t200000-0500_107845_obs_mobay_cop_on_ganja_rap__gets_bail.asp
6/27記事。モンティゴベイの警察官が4オンスのガンジャを所持していて逮捕されていたけれど、警察官であるために15万J(30万円)の保釈金が課された。(>。<)

モンティゴベイ犯罪捜査局が情報に基づき、警察官の私物を保管する部屋で各自の私物を示すよう指示して発見されている。
 1オンス=28.3495グラム 12オンス=1ポンド
 4オンス=113g

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=26616
7/26記事。30歳元保険会社管理職ジャマイカン女性が、コカインの輸送を図り6年の禁固刑。
女性は、1999年にジャマイカからマイアミへコカインペーストの密輸を図り逮捕されている。女性は、英国でドラッグ密輸人に見つけられ、協力しなければ犯罪歴を上司に密告するとと脅されたと主張。(−o−;)

http://www.radiojamaica.com/news/story.php?category=2&story=25331
6/9記事。ジャマイカへバケーションに来た英国女性と5年前に結婚したジャマイカンが、姪の英国大学生を使ってコカインを密輸。コカインの売買を図ったとして6年の受刑。女子学生は叔母へのプレゼントだと思っていた。引渡し現場で逮捕。(ノ_−、)

ということでジャマイカン絡みのドラッグ密輸事件は後を絶ちません。ジャマイカンからの贈り物はちょっと注意?m(_ _)m

ジャマイカニュース/206/3/12 ジャマイカ男に気をつけろ! (大麻密輸を図ったとして逮捕投獄された方の投稿記事 by ku)
ジャマイカニュース/カテゴリー 日本人逮捕
ジャマイカログ/マリファナの話

ジャマイカと英国の協力で麻薬運び屋の数 激減 麻薬検出機械イオン・マシン

ジャマイカと英国の協力で、英国の刑務所に入れられた麻薬運び屋の数が70%減少したニュース。

The Gleaner 2006/7/3
'Mules' shun haul - Jamaica, UK tough-on-crime measures paying off
英国の福祉団体ハイビスカスHibiscusが、ジャマイカ女性が麻薬運び屋となるのを防ぐ強力なキャンペーンをやっていて、今年に入ってから、逮捕された女性はいない。で、他の空港へ運び屋ルートがシフトしているらしい。

両国政府が取り組んでいる麻薬密輸対策のうちのひとつ、オペレーション・エアブリッジOperation Airbridge
が効果があったとされる。

2002年6月に始動。ジャマイカ発英国行きの飛行機1機から運び屋が20人!!!も逮捕された事件で両国政府はいがみ合ったらしい。その後、Operation Airbridgeは、麻薬運び屋を見つけるためにイオン・スキャンion scanを導入。ジャマイカの2つの国際空港で使用中。

矯正施設長官、リチャード・リース少佐Major Richard Reeseによると、「過去3年で刑務所に入る女性の数は激減。麻薬阻止対策は効果を上げている。麻薬を飲み込んで、検知されずに空港を通り抜けることはほとんど不可能

麻薬対策課カールトン・ウィルソン警視正Senior Superintendent Carlton Wilson、「イオン・スキャン・マシンion scan machineとフロスト・マシンfrost machineは麻薬運び屋drug mulesを発見するのにとても役立っている」

フロスト・マシンfrost machine:体腔からドラッグを検知・除去するためのリモートセンサー付き手袋のついた装置。

Operation Airbridge始動前は、コカインを飲み込んで密輸を図った者は730人にも昇っていた。始動後は、2003年6月までの1年間には185人、2004年6月まではたったの41人。オペレーションスタート後90%の減少。


「蝶理・エスティジャパン」合同プロジェクト 危機管理プロダクツ
URLhttp://www.chori-stj.com/lineup/index.html
にイオン・スキャン・マシン一覧が出ています。写真をクリック。
イオンスキャン400B 超高感度 爆発物、麻薬微量検知器 成田空港にも導入
イオンスキャンセンチネル 爆発物/麻薬密輸検知装置
 ゲート式なので空港にあるのはこれかな?ハンドタイプ式もあるし。

ま〜、密輸なんてやめたほうがいいですね。(>。<)
そういえば、アメリカで乗換えをするときも、靴まで脱がされて何だかハンドタイプの機械でチェックされたことがある。

思えば、これかも。。。911の後だったし。
まー、時間がかかります。3時間前に行くことにしています。

フロストマシンはわからないですね。検索しても、frostは霜のことなので冷凍関係の機械が出てきます。(^^;)

旧ジャマイカニュース/2005年10月 にカリブ海諸国の子供のドラッグ事情 イギリスのドラッグ事情(女性麻薬運び屋の実態)
ジャマイカニュース/2006/1/22 ジャマイカから英国への郵便物は全てスキャン中
ジャマイカニュース/2006/1/21 BBC 大麻(マリファナ・ガンジャ)密輸の罪で英国の刑務所から帰ってきたジャマイカ女性

ジャマイカログ/マリファナの話・写真サイト
ジャマイカログ/ジャマイカを支援する/大麻関連

たった今POWER106で、モンティゴベイで一晩で5人殺されたと言っていた。
  (>。<)

| 1/3PAGES | >>