calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

リンク

search this site.

categories

archives

ジャマイカの大学生、マイクロソフトの技術コンテストで3位に!!



甥っ子と見に行ったのだけど超面白かった!!日本のアニメが元のアイデアなんですよね。ニッポン頑張れ!ジャマイカログもこうなると全く感じが違いますね(^^)ノ

IMDb Goo映画 スターチャンネルにも色々ありました。Transformerのリンクをクリック!

newsclip.be(日本語) マイクロソフトの学生技術コンテストでジャマイカは第3位だったらしいですp(*^^*)q

Gleaner 参加したのはノーザン・カリビアン・ユニバーシティNorthern Caribbean UniversityNCUのコンピュータ情報科学を専攻する学生4人。1万米ドルの賞金。マンデビルにある大学です。
2002年から始まったコンテスト、イマジン・カップ・コンペティションImagine Cup Competitionは、マイクロソフトが科学技術に興味のある世界の学生を対象に行っているComputer-Aided Distance Instruction(コンピュータ支援遠隔授業とでも訳すのかな?)e-ラーニングプログラムの一環として行っているらしい。

グリーナー関連記事 投稿記事 写真

ジャマイカの新学期はトラブル続き

9月1日から新学年だけど、学校関連のニュースがいま紙面を賑わしています。主なニュースは学校の準備ができていないこと。

新学年を始めたくても始められない状態。それでも教育省は去年よりスムーズだといってます。(^^; 学校名の後は教区です。

The Gleaner 9/5Space shortage hampers classes
Bogue Primary school セント・エリザベス
Bellefield Primary schoolマンチェスタ
Penwood High Schoolセント・アンドルー

机や椅子の不足、修理が間に合わなかったり、教室の不足が主な原因。

Penwood High Schoolセント・アンドルー:親や市民が学校への道路をブロックしたり、校門に施錠したりして抗議。

よろい窓がなかったり、天井から電線がぶら下がってたり、机が不足、屋根に穴が開いている。(ノ_・。)

Jose Marti Technical High School セント・キャサリン:第7学年の生徒数と第8・9学年合わせての生徒数はほぼ同数。一度に授業を受けることは無理で交互に通う。

まだ建設工事中で17教室は利用できない。写真は建設中の学校。まだまだです。。(ノ_・。)

Windward Road Primary schoolJunior High school キングストン Kingston
McIntosh Memorial school マンチェスタManchester
New Green Primary schoolJunior High schoolなども同様の問題。


The Gleaner 9/5 Bumpy restart to school out west
ジャマイカ西部:
Burnt Savannah primary schoolThornton primary school:屋根の雨漏りと不衛生なトイレ。
Balaclava High school:教室と机の不足。
Middlesex Corner Primary schoolハノーバー:教室として使用するため教会に新棟を建設中。400人収容予定。
Hopewell High:電気がまだ来ていない
Rhodes Hall High schoolオレンジベイ:建設工事中
Howard Cooke Primary schoolモンティゴベイ:新教室の机不足


The Star 9/5 SCHOOL IN SHACK
Heartland Basic School スパニッシュタウン、セント・キャサリン:屋根の雨漏り、机の不足

写真が出ていますが、信じられないほどの状態。今にでも倒れそうです。ハリケーンが来たら終わりかも。

30人ほどの生徒が通う開設10年の小学校。親はお金がなくて、遠くの学校に通わせることができない。

1学期1人1800J(3600円)の授業料は日々必要な額で、学校を直したりするお金はない。親は授業料は安いと感じているけれどこれ以上は払えない...

どこもがこうではないと思いますがなんだか悲しいニュースですね。日本ではとても考えられませんが、これがジャマイカの現実。(ノ。・;)
若い国で人口はどんどん増えているので教育施設が間に合わないのかな。
教科書不足もニュースになってました。今年はセメント不足も大きいけどね。ジャマイカニュース/2006/5/22 ジャマイカのセメント騒ぎ3

教師も不足。Gleaner 2006/9/3

ジャマイカログ/CIA The World Factbook 訳によると
赤ちゃん2006年人口増加率0.6%、出生率2.41、14歳未満人口33.1%
お金国家予算は28億米ドル。GDPは121.7億米ドル。
公債(国債:政府の赤字)はGDPの128.7%=156.62億米ドル

教育省の今年の予算は410億J:国家予算3580億J の11.6%
国家予算のうち1170億J(32%)は借金返済うち920億J が利子返済。
 The Gleaner 2006/4/13

 ジャマイカログ/2006/9/6 ムーディーズ ジャマイカの格付け

教師の賃金交渉もまだ決着していません。教師もお金が欲しいし学校設備にもお金が欲しいけれど政府にはお金がありません...(ノ_−、)

ジャマイカ支援に興味がある方は ジャマイカログ/ジャマイカを支援するへ。ネットショッピングでもジャマイカが支援できます。ニコニコ
ジャマイカを支援する会ジャマイカを支援する会にギフト券が届きます。


ジャマイカの識字率はこちら ジャマイカログ/ジャマイカで暮らす/教育事情

The Gleaner 9/5 Kids battle back-to-school blues
悲しい長い休みが終わってしまって、親と一緒にいたかったり、学校に行きたくなくてずっと泣いている子どもの話も出ています。わんわん泣いて女の先生のブラウスで鼻をかんだなんて話も(^^; 2年生だった。
これはどこでも同じですね。ラッキー

ジャマイカ工科大学UTECHでは2002年4月に遡っての給料(未払いかな〜?)に関して講師がストをやってましたが授業は始まるようですね。

ジャマイカの学校事情がよくわかるサイトはこちらに載せています。
 ジャマイカログ/ジャマイカで暮らす/学校事情
青年海外協力隊の方達のサイトはお勧めです。
 ジャマイカログ/ジャマイカリンク/青年海外協力隊の方たち

ジャマイカの大学生 英語指導助手で日本に

地方公共団体が総務省が外務省、文部科学省、および財団法人自治体国際化協会(CLAIR)と協力して行う
JETプログラム
語学指導等を行う外国青年招致事業(The Japan Exchange and Teaching Programme)
で、今年もジャマイカから大学生がやってきます。
JETURLhttp://www.jetprogramme.org/

The Gleaner 2006/7/16
Students 'jet' off to Japan
外国語指導助手として10人。出発は7月28日。

在ジャマイカ日本国大使館
ジャマイカからの参加は2000年に始まり、44人がこれまで来日。
参加者は応募後、書類と面接で審査されるとのこと。

あなたの街にもジャマイカン!?

帰国者同窓会のホームページもあるようですが、一般はアクセスできないのかな?

小学校6年生の全国統一学力テストでカンニング?

ジャマイカでは、この間からこの学力テストの結果がなかなか発表されず、不正があったとか色々憶測が飛び交っていて、結構ヘッドラインだったりした。

Observer 2006/7/2
GSAT released
で、予定から10日遅れて各学校にCDで送られている。

51,204人が受験。生徒数に比較して、中学校の数が不足し、公表に時間がかかったと教育省は話しているけれど、61%の受験生が希望5校のうちの第一希望校に決まっていて、去年の55%からアップ。

届いたCDが空っぽだったり、キングストンの1校では、全生徒がほぼ100%の得点を取って、学校側と教育省との話し合いもあったらしい。

で、試験のシステム見直しが必要だと議論もされている。

ジャマイカには奨学金制度や交換留学制度があって時々ニュースになっている。
The Gleaner 2006/6/16
'I am still in shock' - Manning's student gets full scholarship to Yale
http://www.jamaica-gleaner.com/gleaner/20060616/news/news1.html
savannalamarここでは、ウェストモアランドWestmoreland、サバナラマーSavanna-la-MarManning's Schoolの18歳のNatoya Janeen Peartが、エール大学への48,000米ドルの全額給与の奨学金を1年間受けることになった話。

成績が良ければその後も続けて受けられて、学費、宿泊費、旅費、バケーションも含む!

数学、英語、英文学、社会学、化学、生物学、物理学で合格していて、将来は腫瘍学を専攻したいとのこと。母もガンを患っていて、いとこが脳腫瘍、別のいとこが皮膚癌だからと話している。

母親はセント・ジェームズSt. Jamesの保健課の公衆衛生監視員public health inspector、父親は教会の牧師。

娘へのアドバイスは "Aim for the sky." 天を目指せ

The Gleaner 2006/6/29
24 students to participate in Colombian academic exchange programme
http://www.jamaica-gleaner.com/gleaner/20060629/news/news5.html
ここでは12人がコロンビアで英語学習のアシスタントとして、別の12人が留学。コロンビアからは12人が西インド諸島大学UWIで学ぶ。

cincinnati.com 2006/6/29
Reaching Out for Kids brings six from Jamaica on U.S. scholarships
http://news.cincinnati.com/apps/pbcs.dll/article?AID=2006606290358
Ron Dumasはジャマイカ、ランナウェイ・ベイRunaway Bayでゴルフトーナメントを開いていて、1998年からReaching Out for Kidsプログラムで7〜17歳のジャマイカンをゴルフ留学に招待していたらしい。で、プログラムを教育にも拡大して、4年間、全額給与で大学進学を援助。6人が留学する。

恵まれた生徒は、学校だって頑張るし、勉強する環境にも恵まれる。で、さらに恵まれるのかな?恵まれない生徒は望みも低いだろうから頑張れないかも... ま、一般論だけど...

ジャマイカログ/ジャマイカの教育事情
ジャマイカの高校一覧サイトがあったので載せておきます。
Jamaican High Schools
http://www.jamaicanhighschools.com/

標準英語での教育

Observer:'Teach kids in standard English’ 10/14
ジャマイカのテレビ局TVJのケイ・オズボーン総部長は、子供には標準英語で教育する必要があると述べた。
カーロング出版の「子供読み書き能力向上キャンペーン2005」開始の席上でのスピーチ。同社は30の学校に5000冊の本を寄付。

パトアは生活言語だからパトアで教えれば学力が向上するという主張には反対で、標準英語で教えないと世界ではやってはいけないと主張。

幼児委員会のメリス・マリー事務局長は、「標準英語での教育は進める必要があるが、パトアを蔑視すべきではない。ジャマイカンには読書習慣がないのも問題で、読書は学校以外ですることではないと思っている人が多い」とも。

カーロング出版シャーリー・カービー代表取締役は、小中学校での学力向上のためには幼児期の基礎が大事だと述べた。

西インド諸島大学UWIでは、読み書き能力を高めるための小学校1〜4年でのバイリンガルプロジェクトが進行中。

初めてジャマイカに行ったとき、道を高校生の男の子に尋ねたんだけど、言ってることが全然わからなかった。何回も聞き直したら、相手が黙ってしまった。一生懸命喋ってくれたのに悪いことしたなと思った。

でも、話し方を旅行者相手に変えられなかったってこと?

確かにこれでは大学進学も難しいだろうなと思った。もちろん、学校や試験では英語なんだろうけど、いくら頭が良くても、これでは世界に出て行けない。実際にはパトワでしか書けない人も多い。若くても。。。

日本の方言と標準語みたいな住み分けができるといいんだけど。

国の将来は若者にかかってるわけだから教育は頑張らないとね。
パトワ軽視じゃなくて、英語もパトワもという大学のアプローチはいいな〜。 

国連開発計画 人間開発報告書2005 統計データ 
15歳以上識字率 87.6%
15歳〜24歳識字率 94.5%

小学校年齢で小学校学籍登録率 95%

中学校年齢で中学校学籍登録率 75%
小学5年生到達率 90%

ジャマイカは人間開発指数で98位なので、98番目に出ています。左が1990年、右が2003年データ

私の日記10/3も見てね。
人間開発指数は9/8

学校でも暴力が蔓延

RJR
木曜日キングストン市内企業地域とセント・エリザベスで、銃3丁と弾丸60発押収。
これで今年押収された銃は470丁、弾丸6000発に。同地域で銃を所持した男がいるとの通報を受け、警察の検問でトラックから見つかる。荷物宛先の女性1人と男性5人逮捕。

同日朝、ラコビアでも銃2丁と弾丸、南セント・アンドルーでも45口径半自動ピストルと弾丸押収。

ということで警察は頑張っています。

Gleaner

学校でも暴力が蔓延。
ゆすり、ギャング関連の事件、傷害事件は学校でも普通に起こっていて、問題になっている。
学校安全プログラムというのがあって、去年から学校に警察官が派遣されてるんだけど、1002校の内80校だけ。

このプログラムの元で行われた調査では、1-4月の4ヶ月間で違法な銃4丁、ナイフ・はさみ・アイスピック・なた(^^;)など465個が生徒から見つかった。学校で生徒同士の対立が深刻化している事実を示唆。

セント・ジェームス高校では、金属探知機で生徒の検査実施。警察だけでなく教育相も介入する国としての対策が求められている。

ジャマイカの将来が危ぶまれています。
国連開発計画 人間開発報告書 2005(TABLE12 259ページ)では、
2003年HDIで98位ジャマイカの識字率は、15歳以上で87.6%、15歳-24歳で94.5%。1990年は各々、82.2%、91.2%でした。
HDI 85位中国は90.9%、98.9%
HDI 73位タイは92.6%、98.0%
カリブ海でトップHDI 30位バルバドスは99.7%、99.8%

ということで、識字率は低いです。ジャマイカでは義務教育は無料ではないので、貧しい家庭は学校に行かせてないと思われます。

HDIについては、日記の9/8と9/13を見てね。

| 1/1PAGES |