calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

リンク

search this site.

categories

archives

2005年7月7日のロンドン地下鉄爆破テロの犯人 ジャマイカンのジャーメイン・リンゼイ1

7/7で、イギリスの地下鉄爆破事件から1年がたちニュースになっていましたが、犯人の1人はジャマイカ生まれの、19歳ジャーメイン・リンゼイGermaine Lindsayでした。

ジャーメイン・リンゼイについて詳しく書いた日本語サイトはどこにもないようなので、カテゴリーを1個作って翻訳記事をお届けしたいと思います。

ジャマイカログ/ジャマイカは危険?/ジャマイカの有名な犯罪者
左 リー・ボイド・マルボの下にちょこっと書いています。

BBC 2006/5/11
Profile: Germaine Lindsay
 ジャーメイン・リンゼイ プロファイル
爆弾犯4人の中ではただ1人外国生まれで、グループの中ではアウトサイダーとされていたようです。

ジャマイカで1年すごした後、母と共に1986年英国へ移住。一家は、Mohammad Sidique Khanウェスト・ヨークシャーWest Yorkshire のハダーズフィールドHuddersfieldに定住。爆弾犯モハメド・サディーク・カーンMohammad Sidique Khan30歳にはここで会ったとされる。

幼少期にはリンゼイは聡明で、学校でも成績が良くスポーツもできたとのこと。

父親はジャマイカに残っていて関わりはほとんどなし。母親は別の男性と住むようになっていますが、この男性はリンゼイに厳しかったようです。

1990年には母親は別の男性と住み始めていますが、この男性とはうまく行ったようで、3人は2000年まで一緒に住んでいます。

美術や音楽の才能もあったとされ、武道やキックボクシングにも興味を示していたとのこと。

2000年はリンゼイと母親がイスラムに改宗した年で、分岐点とされます。リンゼイは、ジャマールJamalに改名。

この頃からトラブルメーカーと交友し始め、アルカイダal-Qaedaのパンフレットを学校で配布して懲罰を受けています。

リンゼイは異常なほどの成熟さと真剣さを示し、アラビア語の習得やコーランKoranの長い文の暗記も早く、ハダーズフィールドHuddersfieldとデューズベリーDewsburyのイスラムグループの仲間内では尊敬されていたとのこと。

ジャマイカンの過激派牧師アブダラ・アル・ファイサルAbdallah al-Faisalに影響を受けたとされる。ファイサルは、殺人と人種間憎悪を勧めたとして現在受刑中。

2002年、母親が別の男性と住むため米国へ渡り、リンゼイは1人ハダーズフィールドに残された。

リンゼイには大きな精神的ダメージだとされた。学校を去って給付金で暮らし、携帯電話やイスラムの本を売る仕事をして暮らす。

2002年10月30日、白人女性のイスラム改宗者、サマンサ・ルースウェイトSamantha Lewthwaiteと結婚。インターネットで知り合い、ストップ・ザ・ウォー・マーチStop the War march(戦争反対のデモ行進)で出会っている。

ハダーズフィールドに居住後、2003年9月妻の両親が住むバッキンガムシャー州、BuckinghamshireエールズベリーAylesburyに移る。6ヵ月後最初の子供が生まれている。

エールズベリーでは、義兄が紹介してくれたカーペット屋の仕事をしていたらしいけど、爆破事件の時には職を失っています。

リンゼイがいつカーンに会ったかは不明。2人ともハダーズフィールドHuddersfieldとデューズベリーDewsburyのイスラム・サークルで活動。2004年の後半には親しかったとされる。

2005年7月7日、ピカデリー・ラインのキングズクロスKing's Cross駅から乗車。乗車後まもなく爆弾を爆発させ自分を含め27人が死亡、340人以上が負傷。

彼の死後、妻はインタビューで謝罪、
loving husband and father
愛情深い夫で父親だったと話す。

My whole world has fallen apart and my thoughts are with the families of the victims of this incomprehensible devastation.”
私の世界は崩壊してしまいました。私の心は、この到底理解できない破壊的な行動の犠牲者と共にあります。

テロ事件後、2人目の子供(女の子)が生まれる。


2002年のワシントンDC連続狙撃事件の犯人リー・ボイド・マルボジャマイカニュース/カテゴリー リー・ボイド・マルボ)もイスラムに改宗していた。マルコムXもだし、モハメド・アリもそう。

イスラム教には、人種差別に対し救いを差し伸べる素因があるのかもしれない...

私もカナダに住んでたけど、アジア人に対する人種差別をほんとに肌で感じて悲しかった...

写真には優しくて頭の良さそうなリンゼイが写っています。

BBC 2006/7/18
Suicide bombers' 'ordinary' lives

犯人4人について写真付きで書かれています。一番最後がリンゼイ。4人の中でただ1人英国外で生まれています。


ジャマイカニュース/2006/9/5 2005年ロンドン地下鉄爆弾テロ犯に影響を与えたとされるジャマイカンのムスリム聖職者 ジャマイカへ送還?
ジャマイカニュース/2006/9/5 2001年靴爆弾男 リチャード・リードは英国ジャマイカ系移民

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック