calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

リンク

search this site.

categories

archives

アサファ・パウエル 9秒74 You Tube動画 インタビュー

アサファ・パウエルの新世界記録9秒74の動画がアップされてました。

Asafa Powell 9.74 New World Record 英語
Asafa Powell New WR 9.74 Explained スペイン語、解説あり。何言ってるんでしょうね〜?
Asafa Powell 100M world record 9.74 Rieti 仏語? インタビューがあるけど、解説とかぶってて何言ってるかわかんない。
Asafa Powell world record 9.74 イタリア語 4分以上あるんだけど何言ってるのかわからなくて残念。。。英語でのインタビューが一言だけ聞こえます。「コーチの言うことを聴くとこうなる」みたいなことを言ってます。

最後少なくとも5m(20mとしてる記事もある)は流してるのが明らかにわかりますが、あのまま本気で走ってたらいったいどれくらい出たのかとあちこちで書かれてます。

Gleaner アサファ自身は、”9秒70にはなったかも。.70を切ったかもしれないけどわからない”と語っています。

あんまり楽々と走ってたせい?英語のでは、「そう速くは見えなかったけど、クロックが9秒74を指してるから間違いない」みたいなことと言ってます。(^^;)

予選なので流すのが普通だけど、本当に残念ですね。追い風1.7mでした。
決勝では絶対最後を流さないと言ってましたが9秒78。追い風無し。技術的的には完璧だったけど、風がなかったとも言ってました。

アサファはオリンピックタイトルも世界選手権タイトルも持ってないので、
I would not give up the world record for anything," Powell said. "I will stick with the world record”世界記録は絶対諦めないと語っています。

IAAF
Today I proved to the world that Asafa is back,I ran easily in my heat (9.74 World rec)
今日はアサファが帰ってきたと世界に示した。予選では楽々と走ったよ。

I made some mistakes in Osaka (World Champs) but today I competed as I normally should do.
大阪では間違いをいくつか犯したけれど、今日は普通にやるべきことをやって走った。

i was nervous in Osaka because I did not compete much this season (before the champs). I forgot how I should have run in the last 40m of a race.
今季は世界選手権の前はあまり走ってなかったから、大阪ではナーバスだったんだ。最後の40mではどうやって走るべきか忘れてしまっていた。

I will not say today (World record) was a revenge after (the disappointment of) Osaka. There the expectations were too high. I thought too much about the World record, but I have have done a lot of work in the last two weeks (since the Osaka 100m). I learnt again to run from the start and to be more relaxed.
今日の世界記録が世界選手権へのリベンジだとは言わない。大阪では期待が高すぎた。世界記録のことを考えすぎてしまった。選手権後の2週間、たくさんのことをしてきたよ。スタートから走ってもっとリラックスすることを学んだよ。

Today I could have run under 9.70. I would have loved to have run 9.68. When I ran 9.77 twice last year I always thought I could have run faster.
今日は9秒70より速く走ることができたと思う。9秒68で走れたら嬉しいね。去年9秒77を2回出したけれど、いつだってもっと速く走れると思ってた。

If I had had a more favourable tail wind in the final (today, 9.78) I could have run faster. The atmosphere was so special. I have a special relationship with Italy as this is where I am based for training each summer.
もし決勝で追い風があったらもっと速く走れた。(イタリアの)雰囲気はすごく特別なんだ。毎年夏にキャンプをする特別な場所なんだ。

この後も9月14日に9秒84を出していますが、アサファのベストタイムは競争相手がないときに作られているのも確か。

イタリアはリラックスできる場所だったし、競争相手も格下で緊張することもなかったんだろうと書いてる記事もありました。

やっぱし、メンタル面が課題かも。IAAFではコーチが、アサファにメンタルコーチをつけることを考えていると語っていました。

Gleaner
I want to get used to the confrontation”アサファ自身も、競争に慣れたいと言ってます。

タイトなランニングスーツを着ていますが、9秒77のときもそうだったですね。大阪陸上の時はだぼだぼの黄色いジャマイカユニフォームで、やっぱしタイムに影響あるんかな?

お金がなくてなのかな(^^?)選手団は選手40人、コーチ7人、役員6人の計53人の予定だったし。女子はタイトなやつだったけど。。。

見逃してましたが、選手団団長はドナルド・クワリーDonald ("Don" ) O'Riley Quarrie Wiki。1976年モントリオール・オリンピック200mで金を獲ったジャマイカの国民的な陸上選手でした。やっぱし、鳥取行けばよかった〜(ノ。;;)
ジャマイカニュース/ジャマイカ人の有名人

ちなみに、1912年以来、100m世界記録でアメリカ人でないのは4人だけ。アサファのほかには、
1996ドノバン・ベイリー(カナダ:ジャマイカンですが帰化しています)
1960アーミン・ハリー(ドイツ)
1930パーシー・ウィリアムズ(カナダ)
ジャマイカニュース/男子100m歴代世界記録

さらにちなみに、1999年にモーリス・グリーンが9秒79を出して以来、ドーピングや追い風参考記録でなくて、正式に9秒80を切って走っているのはアサファだけ。すごいGO!
ジャスティン・ガトリンとジャマイカ人のコーチ、トレバー・グラハムのドーピングの話はジャマイカニュース/カテゴリー ドーピング

さらにさらにちなみに、男子100m走(ウィキ)で9秒台を出しているのはアフリカ系選手だけ。黒人選手以外で一番最速は、1984年、ポーランドのMarian Woroninの10秒00と1998年伊藤浩司(ウィキ)10秒00です。にっぽんすごい\(@^_^@)/

アサファの大阪でのパフォーマンスには、ジャマイカ全土?ががっかり。もうアサファの試合は見ないと言い切ったジャマイカンも多数いたとか。”He is a wimp”という声も。。。

でも、この記録でファンも帰ってきたようです。いいときも辛いときも支えたいですね。来年の北京オリンピック、期待しています。(@^。^@)ノ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック